ブラックリストに載っちゃうの?任意売却のデメリット

ブラックリストに載ってしまう

任意売却を行うと、その事実がブラックリストに掲載されることになります。「ブラックリストに載る」とはすなわち個人信用情報に事故情報が登録されることを意味し、いろいろなデメリットを被ることになります。
ブラックリストに載ると、返済能力に不安があるとされ、クレジットカードを新規で作ったり、各種ローンを組むことができなくなります。今使っているクレジットカードについても、更新できなくなることで近いうちに使えなくなります。車や家のローンはともかくとして、教育ローンなども組めなくなってしまうので、子どもがいる家庭は特に注意する必要があるでしょう。
とはいえ、ローンの返済が滞っている時点で、ブラックリストに載る危険性は発生しています。現状と合わせてリスクを考えるといいでしょう。

手間がかかる上、必ず成功する訳ではないことにも注意

自宅が競売にかけられると、手続きは住人の意思とは関係なく強制的に進みます。しかし言いかえれば、何もしなくても勝手にやってくれるということです。対して任意売却の場合は、債権者の同意を得たり、売却に必要な経費の交渉を自分で行わなければなりません。複雑かつ繊細な交渉が必要になるため、任意売却専門の業者に依頼することが一般的ですが、それだけ手間がかかるということを覚えておきましょう。
また、任意売却は必ず成功する訳ではありません。債権者や保証人の同意が得られなければ売却することはできませんし、競売が完了するまでに手続きを終了させなければならないため、時間的制限もあります。
デメリットもある手続きであることをしっかり頭に入れておきましょう。