任意売却したほうがいい?競売にかけたときの末路を知っておこう。

住宅ローンが支払えない時に使える任意売却

建物を購入した時に利用する住宅ローンは、返済が終わるまでに長期間かかるのでトラブルが起こることがあります。例えば会社をやめることになる場合や、病気になって働けなくなると支払いができなくなりますよね。
もし支払いができなくなった時は、ローンを返せないのですから建物は没収されてしまいます。住んでいる家が没収されれば大変ですから、支払いができない時は任意売却が向いていますよ。
任意売却とは競売ではなく、金融機関と交渉して市場で建物を売る方法です。市場価格で建物を売れるので、住宅ローンを返しやすく使いやすい方法です。手続きをする時は専門の会社に依頼すると、金融機関と良い形で交渉してくれるので効果的ですよ。

負担が大きくなりやすい競売の手続き

住宅ローンが支払えない時は、任意売却ならば市場価格で建物を売れます。では競売だとどうなるのかというと、かなり安い値段でしか売れないので負担が大きくなります。
競売は法的に処分する方法なので、短い期間で不動産を売却します。そのため安い値段で売ることが多く、競売で売ると住宅ローンが大きく残ってしまいます。
また競売の場合法的な手続きで行うので、住んでいる建物から強制的に追い出されます。生活環境を奪われるわけですから、競売手続きはリスクが大きく大変です。
任意売却ならば建物から追い出されることもありませんし、市場価格で売れるので住宅ローンを減らせます。いい値段で売れれば住宅ローン自体を返せるので、利用しやすい方法ですよ。